スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温度







空の火が 消える、

目を 落とした。

ふ。と抜けた言葉、

意地を張った。



・・寒くなんか、ないな。

・・うつむいてるくせに。



どこへゆけばいい

声をも、とめて




空のひが 消える、

手を――― 放した。



・・笑えないな。

・・涙はいつか渇いた、って。




冬をきる体は誰を抱く、誰に抱かる

忘れられないのは、貴方の名前だけ

夜を歩く足も、逃げるように速くなる

もう

星は

見えない



空の火は 甦る、

いつか、きっと、

夢のような日を。

火のような夢を。









→続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

椋

Author:椋
たびと、っていいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今まで徒然て来た方。
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。