FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おちつく




ぜんぶ、ぜーんぶ許せるようなきもち。



僕のぜんぶが許されるわけではないけれど。



それでも僕は、いまがいちばん。









テスト前に何を思ったんだおまえは、って感じですよね。w



生物の勉強をする → なぜか自撮りの研究をする → 「そういえば、昔の俺ってどんな写真写りだったかな?」卒業写真を紐解く(なぜかまったく関係のない歌を口ずさみながら) → 妙な気持ちが湧き出る(ぇ






別に、後悔とか、反省とかそんな気持ちで見ていたんじゃなくてですね。



今ではどこでなにをしているかもわからなかったり、部活の全国大会に出ていたり、昔と全く変わらなかったり、えとせとら。



色んな同級生がいたものだなぁ、と。



それはそれで「あぁ、みんなもやっぱり小さかったんだ」とか思って。






自分のことももちろん見ていました。



なんでだろう、今よりすごく無邪気に楽しんで、はしゃいで、大きな笑顔浮かべてる。って、そりゃそうか。今よりさらに子供だったもの。



とかね。w




本当は僕、昔を振り返る、とか昔に立ち直ってみる、とか、そういうことが大嫌いな人間だったんです。



でもなぜか、今日だけはそんな気持ちが湧き出てこなかった。ふしぎ。




むしろ、「あぁ、こうやって成長してきた時期もあったんだなぁ」とか。案外大人になって考えてもみたり。




すこし昔から、「この世の中に変わらないものなんてない!」っていう無常主義的なことも思ってたんで、特段驚きもしなかったんですがね。w




ただ、一度そんな頃に立ち直って、「これから君には、こんなに大きな出来事が3つも4つも5つもあるんだぜ」とか知らせたい気持ちでした。






今だから言えること。



こんな気持ちになれたの初めてかもしれないんだ。今だったら「ごめん」も「ありがとう」もすべて心の内側から流して誰にでも安心させて笑える気がする。




なんてね。w 老い先はまだまだ長い俺が何を言ってるんだか。w




だけども、これがひとつ、大きな俺の心の中継点。




こだわるものも少なくなって、色んなものを失ったけど、こうして大きな、すごく大事な気持ちを手に入れることができた。そうしたら、失ったものも、また取り戻せるかもしれない、っていう希望がね。湧いてきた気がする。




自分の今までがすべて許されるわけじゃないけども、僕はいま、誰かが「自分で自分を許せない」っていう佳境に陥ってるのを、優しく慰めてあげたい。本当に純粋な気持ちで、心から。




俺にもそういう時期があった。積み重なった葛藤と時間、そして周りの大切な人たちががそれを解決してくれた。




だから、きみも怖がる必要はないんだよ、って。




・・なんて言っても俺は結局他人で、その人自身の気持ちは、その人が決着をつけるだろうし。必ず、すぐに役に立てるなんてことはあり得ないんだろうけど、



それでもさ、今俺に言ってあげられること、聞いてあげられることがあるよ。



いつか俺がきみと触れあった跡さえ残せればいいかな、なんて思ってます。










だからさ、みんな、とりあえず笑えばいいと思ry









ね、なぜオチでくだけるのか、と。まぁ、いいじゃないか。それが俺だもの(ぇ






とにもかくも、こんな気持ちになれた嬉しさを綴ってみたかっただけなので・・おゆるしを。w




ここまで見てくださった方で何か心を動かしてくださった方がいらっしゃれば、僕は幸いです。はい。w




では、妙文おそまつさまでした!w
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

椋

Author:椋
たびと、っていいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今まで徒然て来た方。
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。