スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしもこれを読んでいたならば

私情を挟んで申し訳ない。でも書かせてもらう。









教えて欲しいんだ。苦しくて泣きそうな訳を。

俺には関係ないかもしれないけど、それでも、一人で抱えるのは何よりもよくないって、俺自身が知っている。

臆病な俺はどんな手段でも君に直接聞くことが出来ない。

だから今、こうして君がこの言葉を見ているのを待っているだけ。本当に馬鹿みたいだろう。

それからもうひとつ。最後、が何なのか。

それが今の俺は一番気になる。もう過ぎてしまったけど。

無理に話してくれとは言わないけど、過ぎてしまった最後を君は一体どうするんだ?

今、僕は震えている。

泣きそうな君にどう接すればいいかに戸惑っているからじゃない。

ただ、純粋に、君が苦しんでいると知ったから。









出来ることなら、この夜、君の元へ飛んで、君が壊れそうな勢いで、君を抱き締めたい。
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

椋

Author:椋
たびと、っていいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今まで徒然て来た方。
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。